投稿者「shelter」のアーカイブ

ヘルシーなオイルを摂取しよう。

体が喜ぶヘルシーなオイル。

ココナッツオイル

中鎖脂肪酸(ラウリン酸、カプリル、カプリン)
(飽和脂肪酸の中で炭素数5〜12個のもの)
ビタミンE
ガウリム酸(ファイトケミカル)
加熱可・200度まで

脂肪として蓄積されずエネルギーとなるので、
ダイエットにおすすめのオイルです。
さらにアルツハイマーの予防や改善にも効果があるようです。
またラウリン酸は免疫を高めてくれます。
ラウリン酸は肝臓で分解されケトン体へ変わります。
ケトン体はブドウ糖のような役目をしますので、
直接、神経細胞に届きエネルギーに変わります。
男性の前立腺肥大予防にも良いようです。

マカダミアナッツオイル

オメガ9系
ビタミンE
パルミトレイン酸
加熱可

シワ、たるみなど美容に最適です。
血管の改善、糖尿病予防に。
ほんのり甘みがあるのでデザート用のオイルとして
使用してもいいですね。

エゴマオイル(しそ油)

オメガ3系
αリノレン酸 High(一部が体内でEPA,DHAへ変わる)
ロズマリン酸、ルテオリン(ファイトケミカル)
加熱不可
冷蔵庫で保管

αリノレン酸が非常に多く含まれているエゴマオイル。
生活習慣予防、アレルギー抑制、花粉症改善、血管系の改善におすすめ。
動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などに効果的。
αリノレン酸は体内でプロスタグランジンというものに変化します。
プロスタグランジンは血液低下、血管の拡張作用、筋肉の収縮の役割があります。
(女性の月経の時に体内で分泌されます)

亜麻仁オイル、サチャインチオイルもαリノレン酸が含まれていますが、
エゴマオイルはロズマリン酸やルテオリンが多いので、
アレルギー改善の効果が高いようです。

亜麻仁オイル

オメガ3系
リグナン
αリノレン酸 High
加熱不可
冷蔵庫で保管

高血圧や血管の病気や改善に効果があります。
血中酵素がスムーズに流れるようにしてくれるので
アスリートや運動している人にもおすすめです。
また亜麻仁に含まれているフェノール類として
ポリフェノール(フラボノイド)が抗酸化効果
炎症などを抑制する働きがあります。
リグナンも含まれていて、
大豆イソフラボンと同じように、
女性ホルモンのエストロゲンのような働きをしてくれます。
(動脈硬化や骨粗鬆症への効果など)
*亜麻仁のリグナンはセコイソラリシレシノール・ジグルコシド(SDG)
*ゴマのリグナンはセサミンと呼ばれています。

サチャインチオイル

オメガ3系
αリノレン酸 High
ビタミンE(γ-トコフェロール)
加熱は130度まで

体の中から綺麗にしてくれるオイルです。
非常に高い抗酸化作用があるので美容に最適です。
また脂肪の燃焼を助けてくれます。

アボカドオイル

オメガ9系
β-カロチン
ルテイン
ビタミンA
ビタミンE
加熱は250度まで

β-カロチンとルテインが含まれているので、目に良いオイルでもあります。
白内障、緑内障、黄斑変性症、夜盲症に良く、
さらに抗ガンとしての効果もあるようです。
オリーブオイルの代わりとしても良い、非常に使いやすいオイルです。

さらに色々なオイルがあるので、
迷ってしまうのですが、
現代人に必須なものは、『オメガ3』です。
摂取している脂肪酸がオメガ3系脂肪酸(α-リノレン酸)が非常に少なく、
飽和脂肪酸、単価不飽和脂肪酸(オレイン酸、パルミトオレイン酸)、
リノール酸(オメガ6)を多く取りすぎ偏ってしまっています。
理想としては、オメガ9とオメガ6とオメガ3をバランスよく摂取するのがいいのです。

オメガ9はオリーブオイルやアボカドオイル、マカダミアナッツオイルなど
オメガ6はひまわり油やコーン油、グレープシードオイルなど
オメガ3は亜麻仁オイル、エゴマオイル、サチャインチオイル、ヘンプオイルなど

オメガ3を食生活に上手く取り入れることで、
生活習慣病の改善につながります。
生で摂取するものが多いので、
そのままスプーンで飲んだり、ドレッシングとして他の調味料とまぜたり、
サラダ、納豆、豆腐にかけたりしても食べやすいですよ。

良質な睡眠を。

清々しい気持ちで朝を迎えたい。

朝のフィーリングはとても大事で、
その日の行動にも影響してきます。

爽やかで、脳も心もすっきりしていると、
物事の感じ方も違い、なんとなく寛大な気持ちにもなります。
心に余裕ができます。

しかし朝からスッキリ起きられず、
あまり熟睡できなかったりすると、
精神的にもどんよりした気持ちになります。
その時は心も狭くなりやすいので、
些細なことでもイライラしやすくなります。

いい睡眠をとって、
朝から爽やかに過ごしたいという時には、
ほんの少し眠りの環境にこだわってみてもいいかもしれません。

♦️明かりを変える。眠る数時間前には間接照明だけにする。

♦️ゆっくりお風呂に浸かる。41〜42度くらいの温度で。

♦️アロマディフューザーを使う。


これは管理人のオススメです。

アロマオイルの香りを空間に広げ、ミストで空気も潤し、
癒されます。

アロマオイルはその時の好みで選ぶといいですよ。
*心の調子で香りの好みも変わります。

ラベンダー
スイートオレンジ
ゆず
メリッサ
マンダリン
サンダルウッド
イランイラン
など

♦️湯たんぽを使う。
眠る毛布の中に(特に足元部分)湯たんぽを入れて
毛布などを温めておくと、
足がポカポカして眠りにつきやすいです。

お風呂から出たばかりは暑くて眠れない、しかし時間が経つと
足が冷えてくる。そんな方にオススメです。

♦️音を変える。テレビの音やアグレッシブな音楽から、
純正律の音楽に切り替える
クラシックならモーツアルト、バッハなど。
癒し系のエンヤの曲も効果的です。

♦️眠る空間はスッキリと。
色々と周りにものを置かないで、スッキリした空間を確保する。

♦️夕方からはカフェインレスの飲み物にする。

♦️お腹いっぱいになるまで食べないようにする。

♦️できるなら日中に体を動かす
ある程度体に疲労があるとより眠れます。
体はお風呂に入ることでも少しは疲労します。

♦️気持ち良い寝具とパジャマで。

♦️ブルーライトをなるべく遮断する。
パソコン&スマホなど。数日眠る前に見ないようにするだけでも
スッキリ感の違いがわかります。

ぜひお試しを!

日常にスパイスを。

寒さがまだまだ増してきそうなこの頃ですが、
晴れていると日中は気持ち良いですね。

引き続きお肌の乾燥対策や
風邪などをもらわないように
体を温めていきましょう。

体を温める、冷え性の体質を改善するのは、
とても時間もかかります。

冷えにくい体になるのは、
やはり日々の積み重ねです。
温まるものを取ったからすぐに
体質が改善するのではないので、
根気よく続けてみましょう。

:体を温めてくれるもの:

紅茶やルイボスティーなどの発酵茶。

チャイなどにも入っているスパイス類。
シナモン、クローブ、カルダモン、ショウガ。

ショウガも出来るだけ毎日摂取するのがオススメです。
ジンジャーティーやお料理でも。
ジンジャーパウダーを使えば簡単で続けられます。

お酒では、
ホットワインも体がポカポカしやすいです。
赤ワインを少し煮立たせるのでアルコール分が多少なくなり、
飲みやすくなります。
赤ワインにレモン、シナモンスティック、クローブなどを入れて温める

適量の動物性たんぱく質も必須です。
ラム肉もおすすめです。

また体を動かすことも重要です。
筋力が落ちてくると、体は非常に冷えやすくなります
寒い時、体が震えるのは筋肉を動かして熱を発生させる
ための、体の自然な反応です。
ただ歩くだけではなく、少し早く歩いたり
いつもの運動に少し負荷をかけてみたり(ダンベルなど)
してみるといいかもしれません。
スーパーでの買い物で、カートではなくカゴだけで持ってみたりと
日常の生活で負荷をかけてみるのもいいです。
重いものを持たないと、本当に持てなくなってしまいます

日常をスパイスアップして、
今よりも軽いフットワークで今年も楽しんでいきましょう!

毛細血管を強化しよう。

髪にとっても重要な役割の「毛細血管」

頭部への毛細血管の働きが悪くなると、
やはり抜け毛が増えたり、髪の調子が悪くなります。

毛細血管は、老廃物を流し、新陳代謝をスムーズに行うための働きをしています。

毛細血管の働きが悪くなると、
(老化によって減ったり、途中で切れていたり)
(*毛細血管のゴースト化と呼ばれています。)
栄養や酸素が身体中に行き渡りにくくなってしまいます。
ゴースト化してしまうと、
血液のめぐりが悪くなり、お肌の細胞が生まれ変わりにくくなったり、
体の冷え内臓機能の低下薄毛や抜け毛などにも影響してしまいます。

毛細血管の老化は、
ストレスアルコールの取りすぎなど、糖分過剰、油物過剰な食生活、
激しい運動が原因になるようです。年をとっていけば働きは悪くなりますが、
若くても生活習慣によって老化することも多いです。

毛細血管を復元

毛細血管を強化、復元させるもので有名なのが、
「ルイボスティー」です。

カフェインフリーで、抗酸化作用があり美容にも良いヘルシードリンクです。

そのほかには、「シナモン」です。
シナモンはミイラの防腐剤としても使われていたと言われる、
最古のスパイスです。

ルイボスと同様に体を温める作用があります。
また抗酸化効果、殺菌、抗菌、シミ、くすみ予防の効果がある、
素晴らしいスパイスです。
(毛細血管の老化はシミ、くすみ、しわにも影響します。)

シナモンはシナモンロール、アップルパイなどにも使われる
スパイスなので取り入れやすいかと思います。

温め効果抜群の”チャイ”を作って飲んでもいいですし、
(紅茶、ミルク、生姜、シナモン、クローブ、カルダモン、ハチミツのミックス)

ハチミツ+シナモントーストもオススメです。最高のコンビネーションです。

コーヒーに入れてもいいですね。

シナモンパウダー、ハチミツはお家に常備しておきましょう!

1日2〜3gまでが良いようです。少量でも十分効果があります。
過剰摂取は肝臓に負担をかけるので注意しましょう。

*ちなみに
シナモン+ペパーミントの組み合わせは、
バイオフィルム(細菌膜)に効果あるようです。

朝の風邪対策

風邪&乾燥予防!

少しずつ寒さが増してきました。
前年に比べるとまだ暖かい感じもしますが。

暖房機器を使い始めると、
暖かくなる反面、乾燥もしてきます。

この時期は少し油断してしまうと、
体調を崩しやすくなるので、
水分補給を忘れず、風邪などのウィルスを
シャットアウトしていきましょう。

風邪対策として、
管理人がオススメするのが、

①朝の緑茶。
朝は寝ている間の口の中に発生したばい菌などの
殺菌効果、ビタミンCも含んでいるので美容にもいいです。

ミネラルウォーターで水分補給は別にして、
殺菌効果のある緑茶を飲みます。

大量に飲む必要はないので、
小さな湯のみでクイっと飲む感じでいいと思います。

②朝のマヌカハニー。
ニュージーランドにのみ生息するマヌカの花から採れる蜂蜜です。
マヌカは先住民マオリの言葉で「復活の木」と言われているそうです。

マヌカハニーはピロリ菌を除菌することで知られていて、
そのほかにも、胃腸、皮膚、のど、歯周病、口内炎、風邪、インフルエンザ、
花粉症、ガン予防、高保湿効果など様々な効果があります。
喉が調子が悪い時はティースプーンでマヌカを摂取しましょう。
喉や口内に少し停滞させてから流し込む方がいいでしょう。
マヌカハニーは虫歯予防にも良いくらいなので、
砂糖のように虫歯になる心配がありません。

マヌカハニーにはUMF+15やMGO250などと数字が書かれています。


UMF (Unique Manukau Factor)
MGO (Methy GlyOxal)
殺菌成分の数値のレベルを表しています。

効果的なのものは、UMF15+くらいから。=(MGO250+)
数値が高くなればなるほど、効果も高く、希少で高額になり、
味も薬に近い苦さを感じる人もいるようです。
普通のハチミツとは別物と思って摂取した方がいいと思います。
ニュージーランドでは医療現場でも利用されています。
偽物も出回っているようなので、
信頼できる会社のものを購入するのがいいです。
上の写真のものはオススメです。

毎日小さじ一杯のマヌカハニー!
試してみてくださいね!

脳を育てよう!

脳を元気に!!

年を取るごとに脳の働きが悪くなると言われていますが、
生活習慣や食事などによって、脳の働きは違ってきます。

脳の新しい神経細胞が生まれる『神経新生』という働きがあり、
私たちの日常の行いに深く関係しています。
*神経細胞(ニューロン)=学習と記憶、空間認識に関係している。

食事に関して気をつけること=神経細胞が生まれにくい
ビタミンE,B,Aなどの欠乏
砂糖の過剰摂取
飽和脂肪酸の過剰摂取
エタノール(アルコール)の摂取
咀嚼が必要ない柔らかい食べ物

取り入れたいもの=神経細胞が生まれやすい
オメガ3脂肪酸
ブルーベリーやぶどうなどのベリー類
フラボノイド
軽いカロリー制限
亜鉛
葉酸
クルクミン
カフェイン(適度の)
空腹の時間を作ること
咀嚼を必要とする歯ごたえのある食べ物

生活習慣で取り入れたいこと=神経細胞が生まれやすい
まずは体を動かすことが一番です。
「運動」
ランニングなど走ることや、
興味のあるものを学習することなど。

そして神経細胞が生まれにくいのは、
ストレス、睡眠不足、運動不足などです。

また五感の中で最も脳を刺激するのは、
匂い=臭覚とも言われています。

それを利用して、脳の神経新生を促進することも期待できます。

*臭覚刺激は鼻腔から大脳辺縁系ー海馬へ伝えられ、
記憶、情動、本能行動へ影響します。

香りの成分のαピネンが脳の神経新生に効果があると言われています。

αピネンは「ヒノキ」に含まれている成分です。
ヒノキといえば木、森林浴効果があるあの香りですね。
とても癒される香りです。
シェルターでも使っております。

この成分は脳の活性化、免疫力アップ、血行促進、
脱毛、育毛などにも効果あります。
*皮膚細胞活性作用があります。

ヒノキの他に、
パイン(オウシュウアカマツ)*マツ科
サイプレス *ヒノキ科
ジュニパー *ヒノキ科
マートル *フトモモ科
などにもαピネンが含まれています。

アロマオイル、ヒノキチップ、ヒノキ風呂などで
取り入れてみると良いでしょう。

実際に森林に行って森林浴もたまにはいいかもしれませんね。

日常生活で、
脳に良い食事、運動、学習、香り
を取り入れてみましょう!

それでは体を暖かくしてお過ごしください。

ルイボスティーの効果

寒い時期にオススメなルイボスティー

体を温める飲み物として紅茶やほうじ茶、様々なハーブティーなど
ありますが、特にオススメなのがルイボスティーです。
(ルイボス=アスパラサス・リネアリス)

ルイボスティーの素敵な効果

★美肌効果
SOD=SuperOxide Dismutase=細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素を持つルイボスティー。
抗酸化成分で体内の活性酸素(体のサビと言われている)を除去してくれるので、
老化を防ぎ(遅らせ)体や肌を綺麗にしてくれる効果があります。

★免疫力アップ!
SODの抗酸化効果
風邪をひきやすい時期や疲れている時にもオススメです。

★むくみ、冷え、皮膚炎にも!
ルイボスティーには、ビタミンC、B1、B2、亜鉛、鉄、
マグネシウム、カリウム、カルシウム、など
豊富なミネラルが含まれています。
(ちなみに日本人は鉄や亜鉛、マグネシウム、カルシウムが
足りないようです。)
それにより、代謝アップに効果があります。
また老廃物のデトックスも期待できます。
*毛細血管も強くすると言われています。

★ストレスを軽減し、リラックス効果
フラボノイドの作用で、ストレスを和らげてくれます。

★カフェインフリーなのでいつでも安心して飲めます。

★タンニンの量が少ないので、鉄の吸収の妨げになりません。
またタンニンの分解が弱いタイプの人にも飲みやすいです。

★整腸作用で便秘改善!(プーアル茶も整腸作用に効果あり)

★SODのパワーで、
白髪や抜け毛で悩んでいる方にも効果があるようです。

サロンではカラーなどの施術をされる方にサービスドリンクを
お出ししておりますが、紅茶、コーヒーなどのほかに、
オレンジルイボスティーがございますので、
ぜひお試しを!

*オレンジルイボスティーはルイボスティーだけより
飲みやすい気がします。

これからどんどん冷えてきますので、
体を温めていきましょう!

亜鉛と抜け毛

亜鉛が不足すると抜け毛が増える

抜け毛の要因は様々ですが、
その一つに、亜鉛不足と関係している場合もあります。

現代では、根本原因は突き詰めると最終的には
「ストレス」が一番大きいかと思うのですが、

「ストレスやイライラ、怒り」、その他に「急激な低血糖状態」によって、
副腎に負担がかかり疲労が重なってきます。
「副腎疲労」

それによりカルシウムや亜鉛などが消費されてしまい、
甲状腺へ影響します。
「甲状腺機能低下」

怒りやストレス▶️副腎疲労▶️甲状腺機能低下

ホルモン分泌に重要な副腎が疲労すると、
亜鉛やマグネシウムなどが不足し、
その結果、甲状腺の機能低下になります。
甲状腺機能が低下すると、
全身に関係するホルモン分泌に問題がおきやすくなります。
甲状腺から分泌されるホルモンは、細胞分裂、代謝を上げる働きをしていて、
「亜鉛」が必要不可欠です。

亜鉛不足になると….

・味覚障害
・脳機能の低下
・性機能の低下
・傷修復機能の低下
・皮膚のトラブル
・疲れが取れない、疲れやすい
・内臓機能が低下、
・抜け毛、切れ毛

などに関係してきます。

現在、日本以外でも世界中で亜鉛が不足している人がとても多いようです。

亜鉛といえば、牡蠣やナッツ(主に松の実)、ビーフジャーキーや、
凍り豆腐、アマランサス、煮干し、パルメザンチーズ、ココアなどです。
サプリメントで上手に補うのもおすすめです。
*亜鉛の過剰摂取には気をつけましょう。