ヘナ(ハナヘナ)」カテゴリーアーカイブ

ヘナ [Q & A]

サロンでのヘナ染めの時間はどのくらいかかりますか?

自然な「草」なので、普通のカラーより染まり上がるまで時間はかかります。
ヘナを塗布してからおおよそ30〜40分で染まります。
(2度染めはもう少し長くなります。)

どのくらいの頻度で染めればいいですか?

まずは2ヶ月で3回くらいが理想です。
その後、1ヶ月に1度が効果を実感しやすいです。
続けることでボリュームアップし、ハリ、コシが継続します。
頭皮の状態も続けることで良くなってきます。

ヘナはオレンジ色にしか染まらないのですか?

白髪の場合、鮮やかなオレンジ色に染まります。
元々黒い地毛の髪は明るくはなりません。
オレンジ色が苦手な方は、インディゴを混ぜたり
重ねたりしてブラウンにしていきます。
*最近では、少し所々に白髪がある方はそのままの色を活かし、
ヘナの色でオシャレ染めのようにされている方もいらっしゃいます。

肌が弱いからアレルギーが心配です。

人によってはヘナが合わない方もいらっしゃいます。
ヘナは99.9%アレルギーはないと言われていますが、
インディゴに関しては、豆科の植物になりますので、
アレルギーのある方は、かゆみが出る場合もあります。

ハナヘナと普通のヘナと違うのですか?

ハナヘナは枝や茎などの不純物までもキレイに取り除かれている、
手選別された純度の高い、100%天然のヘナです。

*天然100%でも枝や茎などが混入しているものもあります。
さらにインドでは(日本でも売られている)天然100%とされてても
ほとんどが、ケミカル成分が混ざっているものが売られているそうです。
ケミカルヘナなので、安く、早く染め上がるのですが、
様々なヘナの持つ良い効果を得るどころか、
逆効果になってしまうことになりますので、
しっかりと信頼できる所から購入する事をおすすめします。

インドのヘナタトゥーがマレーシアやベトナムなどで
流行っておりますが、
安い、クオリティーの低いケミカルヘナを使ったヘナタトゥーで、
皮膚が炎症を起こしてしまうケースも最近は増えているようです。

ヘナで紫外線対策

髪と頭皮が一番紫外線を浴びている

徐々に紫外線が多くなる時期に入っております。

紫外線は一年中気になる方も多いと思いますが、
特に4月〜8月は紫外線量が多くなります。

髪や頭皮は、お肌よりも紫外線を浴びる量も多く、

日常生活、屋外に長時間いる時、ビーチや海、山でのアクティビティーの時など、

紫外線によって髪や頭皮もダメージしやすくなります。

髪が切れ毛や枝毛になりやすくなったり、頭皮が炎症し、抜け毛が増えたりすることもあります。

特に頭皮は、健康な髪のための土台なので、しっかり守ることが大切です。

紫外線から守ってくれるのがヘナ

ヘナは髪のキューティクルを保護してくれます。

髪のタンパク質と結合し、髪をコーティングして外部からの
刺激から髪を守ってくれます。

ヘナには炎症を抑える働きもあり、頭皮の紫外線によるダメージを癒してくれます。

さらに血流も良くし、汚れも除去してくれるので頭皮の環境を整える事が出来ます。

ヘナには白髪染め以外にもたくさんの魅力があります。

これからの髪と頭皮の紫外線対策として、
ヘナを試してみてはいかがでしょうか。

半年前からヘナ染めに変えたお客様

「1ヶ月に一度は白髪染めをするので、頭皮の負担を減らしたい。」

このような理由で半年前からヘナ染めに変えたお客様

o0480048013838836274 o0480048013838836288

やはりオシャレ染めでも白髪染めでも、定期的にするものは頭皮の負担を抑えたいですね。

ヘナは頭皮をダメージすることなく白髪を染める事が出来ますし、
根元のボリュームアップや髪を強くしてくれるので、
染めながらにして沢山のメリットがあります。

どんなメリットがあるのか

 髪にハリやコシを出す、髪のボリュームアップ、根元が立ち上がる、
 クセがまとまり落ち着く、脱毛予防、湿気に強い髪になる、紫外線から守る、
 頭皮のデトックス、臭いを除去してくれる。
 その他に、ホルモンバランスを整える、肝臓のデトックス、抗菌、防臭予防、
 皮膚のトラブル(火傷、炎症、切傷にも)睡眠促進など。

まだ頭皮に問題ない方、特にアレルギーがなくカラーをされている方も、
ヘナの効果を知っておくと良いかもしれません。

ヘナは普通のカラーよりも時間がかかるものですが、
毎月1度のヘナタイムとして、ゆったりした時間を持つのも良いかもしれませんね。

湿気で髪がまとまらない方へ

雨、曇り、湿気が多い日の髪の毛がまとまらない

髪がうねったり、クセが出たりしやすい方。
たくさんいらっしゃいます。

髪が決まらないと朝からストレスになる時もありますね。

曇りの日などは心理的にも気持ちが落ち込みやすいものです。

せめて髪はキレイにセットしやすくメンテナンスしていると
それだけストレスも減ります。


 湿気で広がり、クセが出やすくぺったりする髪質

子供の様な健康毛は水を弾く疎水性の髪質です。
濡れるとキシキシしますが乾くとサラサラです。

一方、水分を含むとクセが出たり、ぺったりしやすい髪は親水性です。

水分を吸収しやすいのです。

パーマやカラーでダメージし緩んだ髪を引き締める事が重要です。
疎水化して余分な水分を吸収させないようにするということです。

ヘナは子供の様な疎水性の髪に近づけてくれる

ヘナを使えば、普通のトリートメントだとぺったりしやすい方も、
ふんわりサラサラな状態になります。(軽さがでます)

湿気や雨の日の髪に悩んでいる方は、
ヘナを一度試してみることをおすすめします!

o0480064113534306611

自宅でヘナ②

自分でヘナを塗る。

自分でヘナを塗る時は、アワル(無色)以外は手袋をしましょう。
顔、首、洋服などにも付かないように気をつけて塗りましょう。
染まってしまいます!

ヘナが乾燥しないように、
ラップをきちんと巻いてください。

o0480064113705346723

白いところはティッシュです。
生え際部分をティッシュで抑えてあげるといいですよ。

1時間くらいゆっくり置けば、しっかり染まります!
自宅だと好きな事をしながら、時間を長く置けますね。

塗るのが面倒、上手く塗れない方はお店に来てくださいね★

o0480036013675558585

自宅でヘナ①

自宅でヘナをする時のポイント。

o0480064113705346481

このようにダマになっている部分がある場合、
しっかりとサラサラな状態にしてからお湯で混ぜましょう。

お菓子作りと同じように、マドラーを使っても便利です。
o0480064113705346537

こんな感じにサラサラに。
o0480036013705346573

お湯の分量は粉に対して、3~3.5倍くらいがいいでしょう。
硬すぎても、緩過ぎても塗りにくいです。

o0480064113705346619

少しずつお湯を入れながら調節してみてください。

開封したヘナは、「湿気」と「直射日光」に弱いので、
密封出来る容器に保存してくださいね。

o0480064113658024701

インディゴで天然アッシュ

シャバディゴとは?

★ヘナの「インディゴ」をお湯や水で混ぜて、シャバシャバに溶かしたもの。

このシャバディゴでキレイなアッシュに染まります。
髪が傷んでいたり、パーマやカラーをしている方に時々使っている染め方です。

ダメージがないのも魅力です!

o0480048013748999383

カラーで傷んで明るくなってしまっている髪にのせると、
キレイな天然アッシュに染まります。しかもダメージレス。

o0220029313749010828

枝毛と摩擦

枝毛の出来る原因は…..「摩擦」です。

✔️ シャンプーするときにゴシゴシ洗う。
✔️ タオルドライのときもゴシゴシ拭く。
✔️ 強引に髪を引っ張りクシで梳かす。
✔️ 濡れたまま放置、半乾きで寝てしまう。
✔️ 絡まっているのにそのままドライヤーで乾かしている。
✔️ 乾かしながら絡まっている髪をぶちぶちほどいている。
✔️ 髪を結んでいるゴムを無理矢理引っ張りほどく。

このように簡単に枝毛が作られていきます。
これプラス、度重なるパーマやカラーでもダメージしていきますからね。

枝毛やダメージが気になる時は、(出来るだけダメージする前に)
定期的なヘナトリートメントがおすすめです。
(ダメージが酷い髪には向きません)

o0480036013364053912

o0480064113554235357o0480064113554235335
髪があまり傷んでいない方でも定期的なヘナトリートメントで
サラサラ&ツヤツヤです★