脳を活性化させる習慣

元気な脳を維持するために

運動をする

頭を使うというと、ドリルや脳トレなどデスク上での勉強のイメージがありますが、
体を動かすという”運動”も脳の働きをよくします。
普段何も体を動かしていないかたは、体操、ダンス、軽い散歩、ウォーキングでもいいです。
何もしていない人よりも、少しでも筋肉を動かし、心拍数があがるだけで、
脳の認知能力や記憶力が強化されます。

身だしなみを整える

女性であればお化粧したり、髪をキレイにする、
男性でもオシャレをするなど、
見た目をキレイに気にかけるという行動で、
脳が働きだします。
気に入った洋服を着れば、気持ちが嬉しくなりますし、
髪型がキレイにセット出来た時は、外出もしたくなります。
ささいなことに思えますが、
感情に強い影響を与えます。

毎日に変化を

一日の中で、新しい何かをする
挑戦した事がない料理を作る、いつもと違う道を通ってみる、
いつもと違う店に入る、違うメニューを頼んでみる、
店員さんに話しかけてみる、など
何かちょっとでも新しい事をすることで、
脳が考える働きをしてくれます。
長期間の同じ事の繰り返しは、
脳にとって考える必要がなく、
意識しないでもできる行動になっています。
変化を加えることで、脳が活性化します。

アロマオイルを取り入れる

脳を活性化するエッセンシャルオイルは、
ローズマリー、ラベンダー、レモン、オレンジスウィート、
ヒノキなどがあります。
アロマの効果は、心理的、物理的にも効果をもたらします。
アロマの香りを嗅ぐ事で、
脳に刺激を与え、リラックス効果、活性化、精神安定、
など様々な効果を発揮します。(香りによって違う)
この香りを嗅ぐと落ち着く、元気になる!っという
香りを一つでも持っておくのもオススメです。

*ちなみにサロンでは、ヒノキの香りをこっそり使っています。