良質な睡眠を。

清々しい気持ちで朝を迎えたい。

朝のフィーリングはとても大事で、
その日の行動にも影響してきます。

爽やかで、脳も心もすっきりしていると、
物事の感じ方も違い、なんとなく寛大な気持ちにもなります。
心に余裕ができます。

しかし朝からスッキリ起きられず、
あまり熟睡できなかったりすると、
精神的にもどんよりした気持ちになります。
その時は心も狭くなりやすいので、
些細なことでもイライラしやすくなります。

いい睡眠をとって、
朝から爽やかに過ごしたいという時には、
ほんの少し眠りの環境にこだわってみてもいいかもしれません。

♦️明かりを変える。眠る数時間前には間接照明だけにする。

♦️ゆっくりお風呂に浸かる。41〜42度くらいの温度で。

♦️アロマディフューザーを使う。


これは管理人のオススメです。

アロマオイルの香りを空間に広げ、ミストで空気も潤し、
癒されます。

アロマオイルはその時の好みで選ぶといいですよ。
*心の調子で香りの好みも変わります。

ラベンダー
スイートオレンジ
ゆず
メリッサ
マンダリン
サンダルウッド
イランイラン
など

♦️湯たんぽを使う。
眠る毛布の中に(特に足元部分)湯たんぽを入れて
毛布などを温めておくと、
足がポカポカして眠りにつきやすいです。

お風呂から出たばかりは暑くて眠れない、しかし時間が経つと
足が冷えてくる。そんな方にオススメです。

♦️音を変える。テレビの音やアグレッシブな音楽から、
純正律の音楽に切り替える
クラシックならモーツアルト、バッハなど。
癒し系のエンヤの曲も効果的です。

♦️眠る空間はスッキリと。
色々と周りにものを置かないで、スッキリした空間を確保する。

♦️夕方からはカフェインレスの飲み物にする。

♦️お腹いっぱいになるまで食べないようにする。

♦️できるなら日中に体を動かす
ある程度体に疲労があるとより眠れます。
体はお風呂に入ることでも少しは疲労します。

♦️気持ち良い寝具とパジャマで。

♦️ブルーライトをなるべく遮断する。
パソコン&スマホなど。数日眠る前に見ないようにするだけでも
スッキリ感の違いがわかります。

ぜひお試しを!