日本人は「水毒」が多い。

このところ雨の日が続き、
湿気が多いですね。
*晴れていても湿気が多い時もありますが。

日本人に一番多いと言われているのが、
「水毒」です。

水毒は、
「気」エネルギー(水を巡らせる働き)
「血」血液
「水」体液
この体内を巡っている水の
バランスが崩れている状態のことです。

*気が不足したり、バランスが崩れると、
元気がない状態、気虚の状態になります。

水が不足気味だったり、多すぎたりでバランスが崩れるのですが、
ほとんどは多すぎることで不調になることが多いです。

日本は特に湿気が多い地域であり、
生もの、水分の多いものを好んで食す人が多いのも要因のようです。

水毒の特徴

朝起きて顔がむくむ。
手足のむくみ。
重い頭痛。ムカムカ、吐き気。
乗り物酔いしやすい。
鼻水が出る(サラサラしたもの)
下痢になりやすい。
お腹がぽちゃぽちゃ鳴る。
尿量が多い。尿の出が悪い。
喉が乾く。
めまい、立ちくらみ。

などの症状がある時は
体内の水分のバランスが崩れている可能性があります。

まずは体を温めて余分な水分を排出することが必要。

冷たい飲み物、スイーツ、ジュース、アイスクリーム、
生の食べ物(さしみ、体を冷やす野菜など)を好んで食べる人は、
体を温めるりんご、生姜、かぼちゃ、黒砂糖、ニラ、にんにく、鶏肉、パセリ、
など温性のものを取り入れ、冷たい飲み物などを控えましょう。

また筋力が少ない人は特に水毒になりやすいので、
(溜まった水を流すのに、筋力がポンプの役目になっている)
スクワットなどの下半身の筋トレがオススメです。
それと有酸素運動などして汗を流すのもいいでしょう。

体を冷やさない
足首、首元を温める。
入浴する。
お腹が冷えやすい人は常に腹巻をする。
クーラーで部屋を冷やしすぎないように。

ひどい状態の時には、
漢方医に体内の湿、水毒を散らす漢方を処方してもらうのもいいですね。

湿邪・水毒

環境で雨が多く、湿気が溜まりやすいと、
カビが発生したりしやすくなります。

それと同じように人も湿(湿邪・水毒)によって
下半身がむくんだり、体の重だるさを感じたり、やる気が出ない、
下痢になったりと影響を受けます。

湿が多すぎると脾臓も弱ってきます。
脾臓は湿気を嫌い、乾燥を求める臓器なので、
体内に水分が多すぎると脾臓が傷んでしまうです。

また脾臓は悩みすぎ、思いすぎることでもダメージを受けてしまう臓器なので、
思い悩みが多すぎると脾臓と関連している消化器系までも弱ってしまうのです。
(例えば恋をして思いすぎると、心が詰まる、食欲がないのは脾臓の弱りです。)