筋トレで若々しく。

筋肉量を増やして毎日をさらに若々しく!

年齢とともに筋肉量はどんどん減少していきます。
若い人でも何もしなければどんどん筋力は落ちていくだけです。
筋トレはいつでも始めることができ、心も元気にしてくれます。
そして継続して行うことが重要になります。

今回はマッチョ社長の本
「筋トレが最強のソリューションである」
から少しお伝えしたいと思います。

筋肉をつけていくことで、
様々な良い効果が期待できます!

特に年配の方が筋トレをすることによって期待できる効果とは。

高齢化 → 加齢による筋力の低下(サルコペニア)

活動レベルの低下 → 転倒しやすくなる →

骨折しやすくなる → 寝たきりになりやすくなる 

認知症の進行(可能性が大きくなる)

このように筋力の低下が大きな問題の始まりになっています。
筋トレで筋肉量を増やすことでサルコペニアの進行を抑える。
筋トレにより移動に関わる動作で使われる筋力を増やす。
「立つ、座、起き上がる」起居動作
「歩く、走る、階段の上り下り」歩行動作
を鍛えるには、腹筋群や太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋の
維持向上を目指した筋トレが有効です。

*60歳前後の男女に筋力トレーニングを行わせたら、
10週間で平均7〜8%筋力が増加したことから、
筋力トレーニングをするのにもう遅いということはないのです!
筋トレを行うことで骨にも良い影響があります。
骨量も加齢とともに低下してきます。
(特に女性は骨形成を促すエストロゲンが低下)
しかし筋トレを行うことでオステオカルシンという骨形成を促す
タンパク質が増加するようです。
筋トレの内容にもよるようですが、
この場合は中〜高強度の筋トレでの結果です。

また1年間の筋トレ、ジャンプ40〜100回 44歳 男性が
続けた結果は、骨の形成を阻害するスクレロスチンが減り、
逆に骨形成を促すIGF-1という物質の分泌量が増加したようです。

脳にも効果が!

筋トレには認知機能の維持向上効果が高い。
有酸素運動だけよりも、筋トレをプラスすると
認知機能への効果が高く、記憶力が向上します。

良質な睡眠と、タンパク質をしっかりと摂取し、
筋力アップを目指しましょう!

*信頼できるトレーナーさんと一緒に
筋トレをしていくことをお勧めします。