ハナヘナ/Do-sシャントリ

ハナヘナ

髪がペッタリしてしまう方、髪に元気が欲しい方、頭皮の健康を考えているかたに試してほしいのが、ハナヘナです。ナチュラル派、健康意識が高い方、自然のハナヘナでツヤツヤなふんわりとした髪を体験してみてください。

『ヘナのメリット』

  • 天然染料なので、髪が傷みません。
  • 優しく頭皮を元気にします。
  • 紫外線からのダメージを防ぎます。
  • ダメージホールの穴埋めをしてくれます。(かなり細かい分子なので、髪の奥まで浸透しそして大きくなり、傷んで空洞になった部分を埋める役割をしてくれます。)
  • 髪の疎水化をしてくれます。(パーマ、カラーで髪がゆるむ(膨張)→引き締める)

『ヘナのデメリット』

  • 独特のにおい(草や抹茶の香り)
  • 3、4日色落ちします。(乾いていれば落ちません)定着するまでは、濡れている状態の時に白い洋服や白いタオルにうっすら色がつきますので注意。)
  • 多少のキシミがあります。(緩んだ髪を引き締めている状態なのでキシミを感じるときもありますが、ヘナのキシミを抑えるDO-Sシャンプーとトリートメントの使用をおすすめします。)

『ヘナの染まり方』

ヘナナチュラルはオレンジ色に染まります。油分があるので若干しっとりします。
(下記写真)

インディゴはブルー(紫)に染まります。(育毛効果あり!)

インディゴナチュラルを混ぜてブラウンを作ります。
最初はブルーや紫色のような色味で、その後、酸化して緑に近い色になり、
2日後にはブラウンに変わっていきます。
*2度染めをすればさらに濃いブラウンになります。
(白髪をしっかり染めたい場合は、2度染めがオススメです。)

アワルはニュートラルヘナと呼ばれる無色のものです。髪の引き締め効果がとても高いです。
アワルトリートメントなどもありますが、ダメージしている髪にはおすすめできません。

ミックスハーブは6種類のハーブから作られています。育毛、スカルプケアにおすすめです。
脱シャンプーしている方がシャンプー代わりに利用しています。


『ヘナが出来ること』

疎水性の髪 ⇨ 水を弾く ⇨ 子供の健康毛
⇨ 水スプレーを一吹きしても表面に水滴となって浸透しない
⇨ 濡れるとキシキシするが乾くとサラサラ&軽くてふんわり(ヘナはこの状態に近づけます。)
親水性の髪 ⇨ 水を吸収する ⇨ ダメージ毛
⇨ 水スプレーを一吹きすると水が浸透して髪がてろんとなる
⇨ 湿気で広がりやすく、クセが出やすい(ぺったりする)

『通常のサロントリートメントと何が違うのか?』
(ヘナは少し色がつくトリートメント)

・通常のサロントリートメントは重く、ぺったり、しっとり、乾きにくい。
サロントリートメントは1〜4ステップで、ダメージホールを埋めて、
最後にコーティングします。
(コーティングは2、3週間ではがれ、ダメージはさらに悪化してしまいます。)

・ヘナトリートメントは軽くてふんわり、サラサラ。
パーマやカラーで、ダメージし緩んだ髪の毛を引き締める(疎水化)ことで
余分な水分を吸収しなくなります。

短期的にツヤツヤサラサラを手に入れたい方は4ステップトリートメントを。
長期的に髪を強くしキレイに健康にしていきたい方はヘナをオススメします。


DO-Sシャンプートリートメントの特徴

『Do-sシャンプーとトリートメントの違い』
(メイクでの例え)

●市販のシャンプー&トリートメント(皮膜系)
▶️ 厚化粧(しっかりメイク)

●サロン販売のシャンプー&トリートメント
▶️ 薄化粧(ナチュラルメイク)

●Do-sシャンプー&トリートメント
▶️ スッピン(ノーメイク)

まず市販のシャンプーはキシムと売れないので、
しっとりサラサラを追求したものになっています。
シャンプーにもトリートメントにもコーティング剤が入っているものが多いです。
(化粧の上から、どんどん厚塗りしていく感じ)
コーティングされている髪は、乾きにくく、洗ってもすぐにべとつき、
重さでぺったりしやすくなります。


市販のシャンプーを使うことでサロンでのリスクは、
パーマがかかりにくい ⇨ 強い薬を使ってさらにダメージが進行する。
カラーが染まりにくい ⇨ 強い薬、放置タイムの延長でさらなるダメージ。

サロンで販売されているシャンプーは市販されているものに比べ、
質のいいものが使用されていますが、洗浄力が弱いため残留物質を取り除くことができません。
洗浄力を弱くすることで、薄化粧を維持するようになっています。
サロントリートメントも、皮膜によってコートされていますので、
一ヶ月も経つと、魔法が切れたようにパサパサになってきます。

Do-sシャンプーは残留薬液や皮膜をしっかりと落とします。
皮膜が落ちてくると、本来の素髪が出てきます。
コーティングでごまかしていた本来の髪の状態が現れてきます。
使い続けるうちに、ふやけたキューティクルが引き締まってきます。


Do-sシャンプーを使うサロンでのメリット
素髪になると、パーマやカラーが弱い薬でもしっかりかかり、
カラーもしっかり染まります。
重くならないのでパーマも長持ちします。
乾かす時間も短くなり、スタイルの持ちが良くなります。

Do-sトリートメントはオイルベースのノン皮膜なので、
スーッと染み込みべとつきません。
髪にしっかり浸透し、サラッと、しっとりするのに軽い優れものです。