薄毛・抜け毛・髪の悩み」カテゴリーアーカイブ

亜鉛と抜け毛

亜鉛が不足すると抜け毛が増える

抜け毛の要因は様々ですが、
その一つに、亜鉛不足と関係している場合もあります。

現代では、根本原因は突き詰めると最終的には
「ストレス」が一番大きいかと思うのですが、

「ストレスやイライラ、怒り」、その他に「急激な低血糖状態」によって、
副腎に負担がかかり疲労が重なってきます。
「副腎疲労」

それによりカルシウムや亜鉛などが消費されてしまい、
甲状腺へ影響します。
「甲状腺機能低下」

怒りやストレス▶️副腎疲労▶️甲状腺機能低下

ホルモン分泌に重要な副腎が疲労すると、
亜鉛やマグネシウムなどが不足し、
その結果、甲状腺の機能低下になります。
甲状腺機能が低下すると、
全身に関係するホルモン分泌に問題がおきやすくなります。
甲状腺から分泌されるホルモンは、細胞分裂、代謝を上げる働きをしていて、
「亜鉛」が必要不可欠です。

亜鉛不足になると….

・味覚障害
・脳機能の低下
・性機能の低下
・傷修復機能の低下
・皮膚のトラブル
・疲れが取れない、疲れやすい
・内臓機能が低下、
・抜け毛、切れ毛

などに関係してきます。

現在、日本以外でも世界中で亜鉛が不足している人がとても多いようです。

亜鉛といえば、牡蠣やナッツ(主に松の実)、ビーフジャーキーや、
凍り豆腐、アマランサス、煮干し、パルメザンチーズ、ココアなどです。
サプリメントで上手に補うのもおすすめです。
*亜鉛の過剰摂取には気をつけましょう。

体を冷やさないように。

秋、冬に備える

最近とても暑い日が続いております。
午前中から30度を超える日が続き、
夜も寝苦しく、寝不足の方も多いのではないでしょうか。

良質な睡眠を取るには、
夜中に暑さで起きないように、
適切な温度設定でクーラーをつけたままのほうが
体には負担がかからないようです。

しかしクーラーが苦手な方もいて、
27度くらいに設定してつけてままにしても、
どうしても朝だるかったり、喉ががらがらになりやすくなる場合もあるので、
自分にあった眠りの環境を整えるのはなかなか難しいものです。

しかしながら、
少しだけクーラーをつけないで、扇風機のみや外の風を通す環境にいるのを
試してみると、徐々に慣れていくのがわかります。
最初はもちろん暑いのですが、
その環境に適応していくと、冷えた場所にいる時の、
だるさというものがなく、
じわっと汗が出て、老廃物を排泄しているかのように
暑いけれど、さわやかな感覚になります。

もうこの時期は、すでに秋冬に向かっている途中です。
つまり暑さのピークを過ぎて、だんだんと寒くなっています。
まだまだこんなに暑いので、実感はないですし、
アイスカフェラテなどにも自然に手が伸びてしまいますが、
この時期は秋冬を迎える大切な時期です。

せっかく夏にたくさんの熱を体に吸収しエネルギーを貯めているのに、
クーラーで冷やし過ぎたり、冷たい飲み物、アイスクリームなど、
または果物や生野菜を食べ過ぎたりで、
内臓を冷やしてしまうと、
どんどん体のエネルギーが低下してしまいます。

その状態で、涼しい季節になると、
免疫力も弱っているので、風邪も引きやすくなり、
咳や痰などもでやすくなります。
元から体が冷えやすいタイプの方は、さらに冷えやすくなります。
また髪の状態にも影響するので、
抜け毛、パサつきなども出てきます。

重要なのは、
体、内臓を冷やさない事です。
特に体にいれるものは気をつけてみてくださいね。

少しずつホットの飲み物をチョイスしたり、
常温の水を飲む。
体を冷やす果物も食べ過ぎない。
おさしみ、生野菜も控えるなど。

*暑いときに温かい物を飲むと、
体の余分な熱を外に出してくれます。
(状況にもよりますが)

暑いけど、もうすぐ涼しくなりますので、
体の秋冬支度してみてくださいね。

くせ毛の対策

悩みの一つに「くせ毛」というものがあります。

人それぞれ様々な悩みはあるのですが、
この「くせ毛」を持つ人でないと
わからないくらいのストレスを感じる場合もあります。

くせ毛の悩みというと女性が多そうですが、
以外にも男性が悩んでいるケースも非常に多いのです。
ほとんどが遺伝によるものですが、
年齢と共に、ストレートだった髪がうねりやすくなる事もあります。

*出産後、毛穴の形、頭皮のコリ、血流の悪さなども要因。

くせ毛の人が苦手なものは湿気です。
横浜は本日は晴れですが、たまに雨も降ったりしましておかしな天気です。
カラッとしていそうですが、湿度は約70%です。(今日は低い方)
日本の夏は湿気が多く、とても蒸し暑いですね。

雨、湿気によってせっかくキレイにセットしても、
外出すれば徐々にうねりが出てきてしまい、髪が変にはねたりしてきます。
くせが強い人は、髪を束ねていても表面の髪にうねりが目立ってきてしまいます。
さらに、ヘアスタイルも限られてしまうので、
なかなか自分の好きな髪型に出来ません。

生まれつきくせ毛の場合は、いつかストレートになるという事は起こりません。
どうしてもくせ毛をなんとかしたい人への対策としては、

  • 縮毛矯正をする。
  • ヘナをして湿気から髪を守る。
  • クセやうねりに応じた髪型を提案してもらう。

縮毛矯正は、きれいなストレートになりますが、髪へのダメージが大きいので
技術が優れている美容師さんにお願いすることが重要になります。

ヘナをすることでストレートになる事はありませんが、
ヘナの成分がダメージホールの穴埋めをしてくれるので、湿気によるうねりが
軽減されるため、ヘナをやり続けることでくせ毛が落ち着いてくる方もいるようです。

くせ毛でも、ストレートヘアの人が憧れるちょうどいいくせ毛を持っている人は、
その髪質を活かした髪型にするのがおすすめです。
パーマではなかなか出せない微妙なウェーブというはとても憧れますね。

男性は特に短く髪を切るので、くせ毛が強い人はマメにお手入れをしないと、
上手くセットできなくなり、思うように髪型が決まりにくくなりますが、
くせ毛を上手く活かすと、ナチュラルにかっこよく決まります。

もちろん男性の方もヘナにトライしてみるのもいいですね。

くせ毛でお悩みの方は、
髪質を活かせる髪型や対策を美容師さんと相談してみてくださいね!

髪がぺったりしやすい方へ

”ぺったり”する髪をなんとかする

歩くだけで汗をかく季節になってきました。
まだ少し朝と夜では温度に差があるので体調管理は油断できません。

これからの汗をかく季節、じめっとする湿気の季節
髪のぺったり感が気になる方は参考にしてみてください。


分け目を変える

前回の「分け目が薄くなる前に」のブログを参考に。

いつも、何年も、同じ分け目の方で、
なんとなく分け目の頭皮が目立ち始めたかたは、分け目を変えてみましたか?

頭皮の色でも分け目とその他の部分で色が違います。(常に日焼けしてます)
そして髪がぺったりしやすくなっています。(汗をかくと余計に)

もともと柔らかい髪質の場合は特にぺったりしてしまいます。

分け目の部分がじわじわと広がってしまう前に、
1cmでもいいので、分け目を変えてみましょう。

逆方向に流れた髪の部分は、根元がふんわりします。

分け目を変えると見慣れないかもしれませんが、
雰囲気も変化するので新鮮に感じます。

ヘナカラー、ヘナトリートメントをする

ヘナは湿気から髪を守ってくれます。
「梅雨時期の湿気対策に、ー」 by 愛ちゃんのブログ

ヘナをすると、ダメージホールの穴埋め、ゆるんだ髪を疎水化し、
引き締め水を弾いてくれます。

余分な水分吸収しないので、
さらっ、ふわっとした髪質になります。
それに忘れてならないのは、自然な『ツヤ髪』になります。

ヘナはなにより、やればやるほど健康的な髪にしてくれるのがいいのです。

以前のシンガポールでのお客様も、
「湿気によるうねり」や「紫外線のダメージ」、「汗と湿気で髪がぺったり」と言った
悩みを持っている方がとても多かったのですが、
ハナヘナ&Do-sシャンプーを取り入れてからは、
年中暑い国で、紫外線も強く、湿気も高いにもかかわらず、
ふんわりさらさらな髪の状態にする事ができました。

スタイリング剤はつけすぎない

髪型によってスタイリング剤のつけかた、硬さなども違うのですが、
ぺったりするのを避けたい場合は、
トップにつけすぎないほうがいいです。
毛先や動きが欲しい箇所のみにつけましょう。
ヘナをすると、まとまりが凄いので、
少量のスタイリング剤でよくなります。
(つけなくてもキレイな場合が多いです)

ドライヤーは根元を!

髪を乾かす時は、根元もしっかり乾かしましょう。
下方向から上手く風を当てるとふんわりしやすいです。
トップの髪を逆方向に持って行きながら、根元に風をあてて髪を元へ戻すと、
根元が立つのがわかります。

根元を乾かさないとクセが出やすい

炭酸泉で頭皮と髪をキレイにする

シャンプーし過ぎな方、オイリーな頭皮、抜け毛、薄毛も
気になるという方、やはり髪がぺったりしやすい方にも
炭酸泉は試してもらいたいです。

余分な汚れ、老廃物、髪に付いている薬剤、スタイリング剤など、
炭酸泉をして髪が軽くなるのが良くわかります。
余分な物が落としきれていない髪は、ぺったりしやすくなります。
お店で炭酸スパをすると、”すぐに頭皮の臭いが気になるな〜という方でも、
1週間くらいシャンプーしなくていいんじゃないかっ?!”と思うくらい、
臭いが気にならなくなり、髪の状態も良いそうです。(お客さんの感想)

シャンプー台でボコボコッという音が出たら、
炭酸泉のシャワーなので、安心してくつろいでくださいね♪

髪が頭皮に嬉しい効果が沢山! by 愛ちゃんのブログ

炭酸泉のすすめ♪


夏に朝起きて、すごく汗をかきやすい人は、
朝に髪を洗う。(湯シャンでもいいかもしれません)

脂っぽいもの、揚げ物が好きな人は、
少し控えてみる。(頭皮に影響が出てる場合)

など、ぺったりが気になる方は、
ぜひ試してみてください。

薄毛と内臓の関係

髪の生えている場所と内臓の関係

足裏と同じように、頭部にもたくさんのツボがあるのですが、
頭部の髪の生えている部分によって、
たいだいどの辺りの内臓部と繋がりがあるかわかります。

1(生え際・前面)は腎臓、膀胱などの泌尿器系
2(頭頂部)は小腸、心臓、循環器系
3(側面)は大腸、肺
4(後ろよりの側面)胃、脾臓、膵臓
5(後頭部、頭頂部付近まで)は肝臓、胆のう

このように内臓と関連しています。

もしどこかの部分が薄くなってきたり、白髪が目立ってきた場合、
その部分と関連する内臓が疲れていたり、不調な場合が考えられるということになります。

例えば、生え際や前の方が薄くなっている場合、
腎臓の不調、泌尿器系が調子が悪いかもしれません。
腎臓は冷えにとても弱いので、体自体が冷えやすくなっているかもしれません。

後頭部が気になる人は、
アルコールや糖質の取り過ぎで、肝臓が疲れている状態かもしれませんね。

4のエリアが薄い人は、膵臓、胃の疲れで、
揚げ物など、油っぽい食事が多い可能性があります。

髪の状態や場所によって、
体の内臓と深く関係があるということを覚えておくと、
髪だけを一時的にキレイにしても(見た目だけ)
やはり一番にケアする場所は、体の内側ということになります。

食生活、ライフスタイル、冷え解消など、
体が喜ぶ生活を心がけていると、
いつの間にか髪の毛も元気になっているかもしれません!

分け目が薄くなる前に

地肌が目立つ前に。

髪が薄くなるのは、遺伝や生活習慣なども含め、
いろいろな原因がありますが、

毎日の髪型や髪の扱い方でも違ってきます。

常に同じ分け目のヘアスタイル

いつも同じ分け目で、特にロングヘアの方は、
常に髪の重さによって両サイドに引っ張られています。

さらに同じ分け目の状態で髪を結んだりしていると、
少しずつ分け目が広がってしまいますし、ぺったりとしやすくなります。

おでこを出して、いつも後ろできっちり結んでいる方はやはり
少しずつおでこが広がっていきやすいです。

時にはヘアスタイルを変えてみる

長い間同じ分け目ですと、分け目を変えるときにどうしても前の分け目の
クセが取れない場合もあるので、少しずつ変えていくのがいいかもしれません。

ほんの少し分け目を変えるだけで、根元の立ち上がりにも違いがでてきます。
*根元が立ち上がると分け目がふんわりします。

前髪のあるスタイルに変えるのもおすすめ

今までおでこを出している方は、慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、
前髪を作って髪(毛根)の動きを変えてみるのもいいです。

前髪を作ると印象がとても変わりますので、
たまにはイメージチェンジもいいかもしれません。

その他のケア

  • 土台である頭皮や毛穴のケアは大切なのですが、
    ゴシゴシ洗い過ぎも良くないです。きっちり流されてないのも良くないです。
    (炭酸泉で洗うと血行がよくなり、毛穴の汚れもキレイになります。)
  • ヘナでパックする。こちらも血行をよくして汚れを除去。紫外線もプロテクトしてくれます。
  • 強い紫外線を浴び過ぎるのも頭皮に負担をかけてしまいます。
  • タンパク質の取り過ぎも不足も良くないです。
    バランスよい食生活を保ちましょう。植物性や動物性をバランスよく。
  • ストレスを貯め込まず、眠い時はしっかり寝ましょう。